女性

年齢を重ねても痩せられる

衰えた身体に注意

女性

50代にとってのダイエットは、健康的な美を意識している傾向にあります。減量を目的とする痩身ではなく、ハツラツと活動できる、加齢に負けない身体作りとなるダイエットにチャレンジする50代が増えています。気を付けたい点となるのが加齢による衰えであり、皮膚や粘膜を強化することをはじめ、骨や歯などを丈夫にすること、さらに悪玉菌が繁殖しやすい年代であるため、腸内環境までを整えるなど、衰えを逆手に取るダイエット法を取り入れる必要があります。適度な有酸素運動は内臓脂肪などのメタボに適しているだけではなく、関節や筋肉を強化できます。運動の際には、併せてカルシウムやグルコサミン、さらに脂肪燃焼効果を高めるカルニチンやカプサイシンなどを取り入れることで、体を傷めず、メリハリある痩せ方が可能です。

加齢による体の特徴

50代からのダイエットでは、加齢に伴う痩せにくさが挙げられています。代謝が落ちることにより、脂肪燃焼や消費率もグッと低下しやすく、痩せにくく、直ぐにリバウンドしてしまうのが特徴です。ストイックなチャレンジが難しい50代において、効率良くダイエットするためにも、健康食品などを上手く活用することがポイントです。特に食事は健康と美容、成長を促すために不可欠となり、体を若々しく維持するにも食は重要視したい点です。50代では肌や骨、腸などの抵抗力が目立ちやすく、さらに睡眠の質の悪さもホルモンバランスが崩れてしまい、痩せにくさに繋がってしまいます。近年、乳酸菌を摂取するダイエットが支持されており、免疫力や代謝を上げ、風邪や感染症の予防に繋げるなど、年齢による妨げを改善させてくれる特徴が挙げられており、チャレンジする男女が増えています。